男のためのメンズ脱毛ガイド

メンズ脱毛に関する情報を発信!

顔に赤いぶつぶつが。毛嚢炎は脱毛が原因?

ニキビによく似た肌トラブルである毛嚢炎は、髭のムダ毛脱毛などによって引き起こされると言われています。しかし、実は原因はそれだけではないということを知っていましたか? 毛嚢炎の正しい知識を身に着け、予防するようにしましょう。ここでは、毛嚢炎の症状と原因についてご説明します。

毛嚢炎の症状とは

毛嚢炎はニキビとよく似た赤いできもので、中心に白い膿部分が見えることも多くあります。ひとつだけできることもありますが、まとまって複数できることも多いのが特徴。重度になると痛みや痒みを伴います。また、中の膿を無理に出そうとすると跡が残ってしまうことがあります。

傷みやかゆみなどの症状が出た場合や、複数の毛嚢炎ができてしばらく経っても治らないといった場合には、皮膚科へ行ってきちんとした治療をした方がよいでしょう。

毛嚢炎が起こる原因とは

毛嚢炎は、毛穴の奥で黄色ブドウ球菌やコアグラーゼ陰性ブドウ球菌という細菌が感染することで起こります。
ブドウ球菌は、もともと誰の顔にもある細菌で、普段は悪さをすることはないのですが、毛穴の奥に傷などがついてしまったときに、そこから菌が入り込んで毛嚢炎の原因となります。

では、毛嚢炎になるきっかけはどのようなものがあるのでしょうか。
まず挙げられるのが、毛の処理をしたタイミング。カミソリなどで髭剃りをした際に、毛穴が傷つくと毛嚢炎の原因となってしまいます。また、脱毛をすると毛嚢炎になりやすいと言われています。脱毛をすることで、 毛穴の奥に傷がつきやすくなり、毛嚢炎が起こりやすくなるのです。

そのほか、細菌からの免疫力を低くしてしまうステロイド薬の使用や、ストレスでも毛嚢炎は起こります。ストレスが高まると、体全体の免疫力が低くなり、細菌への抵抗力が弱くなってしまうためです。

毛嚢炎にならないための予防法

毛嚢炎を予防するためには、いくつか心がけるべきポイントがあります。

清潔なカミソリを使う

雑菌は肌トラブルの元です。髭剃りに使うカミソリは、いつもキレイなものを使うようにしましょう。

髭剃りで肌に傷をつけない

肌に負担がかかりやすい逆剃りや、プレシェーブローションを使わない髭剃りは避けましょう。毛抜きで髭を抜くのも、肌のためにはなりません。

顔を清潔に保つ

洗顔フォームやシャンプーが肌に残らないように注意することも大切です。泡がなくなるまでしっかりと洗い流してください。

健康的な食生活を送る

肌トラブルの元となる油分の多い食事は見直すようにしましょう。バランスの良い野菜中心の和食などがおすすめです。

良質な眠りでストレス解消

質の良い眠りは、毛嚢炎の原因であるストレスを軽減させます。寝る前にゆっくりと湯船に浸かったり、リラックスできる音楽を聞いたりして深い眠りを手に入れましょう。

毛嚢炎は、症状が重くなると顔全体がブツブツになってしまいますし、跡が残ってしまう恐れがあります。なってしまってからでは治すのが大変なので、正しい予防法を実践するようにしてください。

TOPへもどる

無料カウンセリングの予約をする

PAGE TOP

美容外科形成外科 川崎中央クリニックオフィシャルサイト
2018年12月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ご予約はこちらから
ご利用方法
  • ひげ(髭)脱毛
  • 知らなきゃ損する!?男のためのメンズ脱毛ガイド
  • 未成年の方へ 同意書はこちら
  • 医療レーザー脱毛なら日本医学脱毛学会認定クリニックの医療レーザー脱毛

アクセス

神奈川県川崎市川崎区駅前本町
10-5 クリエ川崎 5階
(川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分!)

美容外科形成外科川崎中央クリニックの地図
GoogleMapで地図を見る