MENU

  1. トップ
  2. 男のためのメンズ脱毛ガイド
  3. ニーズに合わせて。髭剃りを選ぶ基準

ニーズに合わせて。髭剃りを選ぶ基準

髭剃りをする際のT字カミソリと電気シェーバーには、それぞれにメリットとデメリットがあり、どちらが優れているとは一概に言えません。そのため、ライフスタイルや好みに合わせて選ぶ必要があります。
今回は、T字カミソリと電気シェーバーのメリット、デメリットについてご説明しましょう。

T字カミソリについて

T字カミソリは、その名の通り、Tの形をした持ち手付きのカミソリです。替刃を交換できるタイプが主流です。

<メリット>
・価格が安い
・刃の交換やメンテナンスが簡単
・深剃りできるため、剃り残しが少ない

<デメリット>
・肌を痛める可能性がある
・シェービング剤を使用しなければならないのが面倒

髭を剃る際にある程度の手間や技術を必要とする代わりに、カミソリのメンテナンスは楽であるのが特徴だと言えます。
ただし、男性は毎日髭を剃らなければなりませんので、カミソリ負けして肌が赤くなったり、出血したりしてしまう人もいます。

電気シェーバーについて

電気シェーバーは、現在では充電式のものが主流で、自動洗浄機付きなどの高性能な商品も多数販売されています。

<メリット>
・比較的簡単に髭が剃れる
・シェービング剤を使用しなくても良い
・刃が直接肌に触れないため、怪我をしにくい

<デメリット>
・本体や替刃の価格が高い
・刃の劣化に気付きにくい
・T字カミソリと比べて、深剃りできない

誰でも手軽に使える電気シェーバーは大変便利ですが、コストがかさむ点がネックであると言えます。商品にもよりますが、電気シェーバーの刃の寿命は1~2年程度、本体のバッテリーやモーターの寿命は4年程度だと言われていますので、その都度高額な出費が必要になってしまいます。

賢い髭剃りの選び方とは

T字カミソリと電気シェーバーには、それぞれにメリットがあることがお分かりいただけたかと思います。それでは、自分に合った髭剃りはどのようにして選べば良いのでしょうか。チェックすべきポイントは、肌の弱さと髭の濃さです。
まず、肌の弱い人にはT字カミソリはおすすめできません。カミソリ負けをしたことのある人は、迷わず電気シェーバーを選びましょう。

次に、髭の濃さについてですが、一般的にT字カミソリのほうが深剃りできると言われていますので、夕方になると髭が生えてきてしまうといった悩みを抱えている人は、T字カミソリが適しています。
肌が弱く、髭が濃いという人は、高性能な電気シェーバーの購入をおすすめします。現在では、5枚刃のものや回転式のものが販売されていますので、家電量販店などで試し剃りをして、自分の髭に最も合うものを選んでください。
自分に合わない髭剃り方法を選んでしまうと、さまざまな肌トラブルを引き起こす可能性がありますので、自分の肌や髭の状態をしっかりと見極め、総合的に判断する必要があります。

もし濃い髭にストレスを感じているのであれば、思い切って髭脱毛をするのも一つの方法です。費用は高額ですが、髭を剃る手間と時間を考えると、そう高いものではないと言えるでしょう。

一覧ページへ戻る

お問い合わせ

初回来院は相談無料です!
お気軽にご予約してください。
専門のカウンセラーが
丁寧に対応いたします。

オンライン予約

24時間いつでもどこでも
リアルタイムで予約ができます!

マイページログイン