MENU

  1. トップ
  2. 男のためのメンズ脱毛ガイド
  3. 体毛は加齢と共に薄くなるの

体毛は加齢と共に薄くなるの

年齢を経るにつれて、「ある部位の毛が薄くなっていた……」という経験はありませんか?
実は、体毛と年齢には、深い関わりがあります。ここでは、男性の体毛と加齢の関係につ
いてご紹介します。

加齢とともに体毛が薄くなるのはなぜ?

若い頃は、女性だけでなく男性も、胸やすねなど体の部位によっては、ムダ毛処理に追われていたという方は多いかもしれません。しかし、年を重ねていくとムダ毛処理をしなくても良いという方が増えると言います。それは、短パンやタンクトップといった露出する服装をする機会が減るため、ムダ毛処理をする必要がなくなるということが理由のひとつでしょう。

また、毛を成長させるためには、毛包が隆起して育つ必要があります。しかし、肌の老化にともない、毛包が萎縮して毛の成長期が短くなるため、毛が充分に育ちません。その結果、太くてしっかりした毛ではなく、細くて柔らかい状態の毛が生えるようになり、加齢とともに体毛が薄くなりやすいと言われているのです。

そのほか、体毛の変化は、男性ホルモンと女性ホルモンとも深い関わりがあると言われています。中でも男性ホルモンは、主にヒゲや手足の毛、胸毛などの体毛を成長させる働きがあり、これらの毛が濃い方は男性ホルモンが比較的多い傾向があります。
一方で、男性は年齢を重ねるにつれて、男性ホルモンが、髪の成長を抑制する悪玉脱毛ホルモン(DHT)に変換されるため、髪の毛が成長しきる前に抜け落ちて髪の毛が薄くなりやすい傾向があります。

加齢で体毛が濃くなる場合も

加齢にともない全身の体毛は徐々に減少していきますが、部位によっては毛が濃くなることもあります。更年期に入ってから毛が濃くなったという方は、更年期でホルモンバランスが乱れたことが原因。女性ホルモンが低下して男性ホルモンが優位になり、体毛が濃くなるのです。
例えば、耳の周りや耳の中に生えている毛。耳毛はもともと程度の違いはあれど誰にでも生えていますが、若い頃は産毛のまま抜け落ちることが多く見られます。しかし、加齢とともに毛の生え変わる毛周期が長くなり、産毛が抜けずに成長して硬くて太い毛になり、そのまま生え続けるようになります。

若いうちにムダ毛の脱毛を

年齢によって変化するムダ毛の量や太さですが、若いうちは特にその処理に手間取っている方は多いのではないでしょうか。
カミソリや毛抜きによるムダ毛処理は、肌を傷め炎症やシミ、くすみの原因となりかねません。繰り返す自己処理によって肌を傷めてしまう前に、レーザー脱毛を受けてみてはいかがでしょうか。
脱毛を受けることにより自己処理の手間もはぶけますし、カミソリや毛抜きによるダメージを受けなくなった肌は美しさを取り戻します。早いうちからコンプレックスをなくせば、春や夏の肌の露出が多くなる時期に、女性の目を気にせずタンクトップや短パンといった好きな服装ができるはずです。

歳をとればどうせムダ毛も減っていくから……と脱毛を敬遠している方もいるかもしれませんが、ムダ毛が気になるのは特に若い頃。歳をとると体の部位によっては、体毛が濃くなる可能性もあるので、気になる部位のムダ毛は若いうちから脱毛しておくことをおすすめします。

一覧ページへ戻る

お問い合わせ

初回来院は相談無料です!
お気軽にご予約してください。
専門のカウンセラーが
丁寧に対応いたします。

オンライン予約

24時間いつでもどこでも
リアルタイムで予約ができます!

マイページログイン